日本脳神経外科学会北海道支部次回支部会のご案内

ホーム > 次回支部会のご案内

次回支部会のご案内

第86回 日本脳神経外科学会北海道支部会

ハイブリッド開催のお知らせ

 

 

謹啓
 
 この度、第86回日本脳神経外科学会北海道支部会を2021年9月18日(土)に開催させていただくことになり準備を進めております。

 コロナ禍の中、日常生活で様々な制約を受け、臨床や研究でも様々な対応を迫られています。デルタ株の出現など、コロナ感染は完全に収まっておらず、支部会をどの様な形で開催するか日々頭を悩ませています。医療関係者のワクチン接種も完了しましたので、少しずつ対面形式を取り入れていきたいと考えています。今回は、対面形式とWeb形式のハイブリッド形式での開催を予定します。会場での発表をWebで配信したいと考えております。Web形式はリモートで参加でき移動の必要がないため、広い北海道に適した方法です。ハイブリッド形式は今後のあらゆる学会の標準形式となっていく可能性があります。

 領域講習として、中村記念病院・脳血管内治療センター長の荻野達也先生による「血栓回収療法の基本と現状」、中村記念病院・脊椎脊髄・末梢神経センター長の大竹安史先生による「脊椎脊髄外科の最近の話題」を講演していただきます。また、特別講演として京都大学脳神経外科講師の荒川芳輝先生より「脳腫瘍に対する手術の工夫と多角的アプローチ」を講演していただく予定です。

 質疑応答のある支部会は1年半ぶりとなります。コロナウイルスによって分断された北海道の絆を少しずつ取り戻していく第一歩の支部会にしたいと思っております。コロナ禍からの復興を目指します。多くの皆様からの演題の応募とご参加をお待ち申し上げます。

 

謹白


令和3年7月吉日
第86回日本脳神経外科学会北海道支部会
会長 佐藤 憲市
(中村記念病院脳神経外科)


 

演題受付期間:7月12日(月)正午から8月20日(金)正午まで
                    ※演題登録期間を延長いたしました
演題登録URL:http://jns.umin.ac.jp/meeting/branch/hk86
(第86回日本脳神経外科学会北海道支部会 演題登録ページ)

ページ上部へ